睡眠

MENU

睡眠が体にあたえる影響

睡眠の役割とは、体の疲れをとること脳を休めることでどんなに起きていようとしても体を守るため眠らずにはいられません。
質の良い睡眠は健康へと大きく関係しています。睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは体の発育に重要なホルモンで、体の組織の再生や修復をする働きがあり不足すれば疲れが取れにくくなり体力も回復できずに免疫力の低下で病気にかかりやすくなってしまいます。

 

また睡眠不足は、心臓に負担をかけます。疲労やストレスから高血圧、動脈硬化のリスクが高まり心臓にも良くないのです。

 

肥満になりやすいこともあります。単純に起きている時間が長ければそれだけカロリーの摂取の機会が増えることと成長ホルモンは代謝を上げてくれます。また、食欲に関係があるホルモンのバランスが崩れ満腹感が感じにくくなったり空腹感が感じやすくなるのです。

 

健康を考えるとしっかりと睡眠をとることが大切だと言えます。
日本人の大人は平均的に睡眠時間が少ないとされています。時間がとれなくとも質のよい睡眠を摂るようにします。

 

効果的に睡眠できるためには、起きたら朝日または光をしっかりと浴びます。朝日を浴びてから14時間から〜16時間で睡眠ホルモンが分泌され眠くなります。生活リズムを整えることで体内の時間を狂わせないようにします。手、足を温めるのもいいので血行を良くしましょう。またストレスは、不眠の素になるので、ためすぎないようにします。

 

質の良い睡眠で体の調子を整え健康を維持していきましょう。