目の疲れから頭痛になる前にしている事

私は目の視力はとてもよく、裸眼ですがドライアイを持っており、すぐに目が疲れてしまいます。
学生の頃は特に気になる事はありませんでしたが、社会人になって販売業をした辺りから凄く疲れるようになりました。
百貨店の中の照明に一日いることで、人工的なライトの光が目の刺激になったのだと思います。

 

 

ひどかった時期は、車を運転している時の対向車のライトが目に痛くてまっすぐ前を向けない、また自分の車の中の時計表示の文字の光が痛くて見れない事もありました。
眼科に行くと、ドライアイがとてもひどく目が乾いた状態なので、光が刺激になって痛くて目を開けられなくなっているのではと言われました。
対策としては、目薬でドライアイを改善させることでした。

 

今現在は一時の疲れよりはマシになっていますが、一日中パソコンと向き合う仕事をしており、ひどい時には目の疲れから頭痛になる事もあります。
なのでパソコン用の眼鏡をかけて仕事をし、目薬を定期的に指し、時間があるときには目をつぶってマッサージをするようにしています。

 

 

夜寝る前は、目をつぶった状態で目玉を左右、上下、そして目を回しています。目をつぶった状態でする方が、目の感想も防げ、マッサージ効果があります。
この方法、結構気持ちがいいです。
目の疲れがどうしても取れない日は、疲れすぎて寝れません。

 

そんな時は、蒸気のホットアイマスクをして寝ます。
いい感じに疲れがほぐれていき、いつの間にか眠りについています。
現代は、パソコン・スマホ・ゲームで目を酷使する事が多いです。上手に対策をしたいと思います。